B型肝炎とは

肝臓の病気の中で、B型肝炎ウイルスが原因となるのが、B型肝炎です。
血液や体液を媒介して、感染する病気で、いくつかの形に分けることができます。
思春期以降の場合には、一過性に終わることが多くなり、ウイルスが排斥されてしまうのです。
しかし、中には慢性化する人もいますし、キャリアとして気づかない人まで様々な形があります。
感染経路として知られているのは性的接触でしょう。
慢性感染者と性的に接触することで、B型肝炎ウイルスに感染してしまうケースが多く、気が付かないうちに感染しているのです。

最近では、十分に消毒されていない医療器具を使ったことによる感染も確認されています。
入れ墨やピアスの施術の際に、器具を使いまわしたりすることで感染してしまうのです。
医療機関ではないことも多く、非常に感染リスクが高いと考えたほうがいいでしょう。
歯ブラシの共用でも感染することがわかっていますので、よく考えなければいけない人も多いはずです。
一方で、垂直感染と呼ばれる経路も存在します。
母親がB型肝炎ウイルスを持っている状態で出産すると、出血により新生児に感染してしまうのです。
これを垂直感染と呼びますが、持続的な感染になることがほとんどで、慢性化してしまいます。

B型肝炎にかかってしまった場合には、急性の場合と慢性の場合で治療方が確立されています。
ただし、あまりに進行する場合には、肝移植などに頼るしかないケースもあるのです。
短期間で終わるものではありませんので、どんな治療法をとるのか知っておくといいでしょう。


[RECOMMEND SITE]
B型肝炎の給付金を請求したい場合に専門家に無料で相談出来るサイトです ⇒ B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 B型肝炎の治療法について All Rights Reserved.